AppLEAGUEについて

【目的】

プログラミング学習の水準向上及び普及促進。


【キャッチフレーズ】

読み、書き、プログラミング。


【理念】

コンピュータは我々にとって身近なものになりました。
しかしながら、パソコンやスマートフォンでアプリを利用するだけでは、
コンピュータ本来の価値の50%も利用出来ていないのではないでしょうか。
例えば、デジタルカメラを買ったのに、誰かが撮った写真を再生するだけ、整理しているだけではもったいないと思いませんか?
「撮影してこそ」のデジタルカメラではないでしょうか。

コンピュータも”プログラミングしてこそ”です。

いよいよプログラミングを学ぶことが当たり前の時代がやって来ました。
さぁ、一緒にプログラミングを学びましょう。


【事業内容】

  1. プログラミング学習支援アプリをリリース、サービスを運営。
  2. プログラミング学習の普及・発展促進につながる企画を立案実施する。
  3. 地域、企業、団体、個人からのアプリ制作依頼と開発会社をマッチング。
  4. 地域、企業、団体、個人からのサンプルアプリ制作依頼とAppLEAGUEメンバーをマッチング。
  5. プログラミング学習をきっかけとしての就職支援、独立支援。

 

【運営について】

AppLEAGUEは、地域コミュニティブランド(SCB)のプロジェクトの1つです。

コミュニティの構築を中心とし、商品創り、モノ作りについてや取組に関わる物語の発信を行います。

私達の活動による成功・失敗などの経験が、地域活性化プラットフォームの構築に寄与することを願っています。

◆地域コミュニティブランドとは?


【運営組織】

一般社団法人AppLEAGUE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>